オーガニックローヤルゼリーの商品

近年注目が集まっているのが“オーガニック商品”ですね。野菜などを中心に、さまざまなオーガニック食品が販売されています。
実はローヤルゼリーの商品の中にもオーガニックのものはあるんですよ。
どんなものが販売されているのか、そもそもオーガニックとは何なのか?詳しくご説明していきます。

オーガニックローヤルゼリーの商品とは?

オーガニックローヤルゼリーの商品とは、オーガニックのローヤルゼリーが使われているもの、またはローヤルゼリーとオーガニックの植物などを合わせてできたもののことを言います。
その中でも特に人気なものには次のような商品があります。

サプリメント

ローヤルゼリーは豊富なアミノ酸やビタミン、デセン酸などの特有成分が含まれ、それらが生活習慣病や更年期障害の予防・改善に効果を発揮します。
そのためサプリメントは人気が高く、その中にもオーガニックのローヤルゼリーを使用したものはたくさんあります。

ボディークリーム

ボディークリームやスキンローション、リップクリームなど、外側からケアできるオーガニックのローヤルゼリー商品も人気です。
アミノ酸や、特有成分である類パロチンが含まれ、肌のうるおいアップやアンチエイジングが期待できます。
オーガニックの植物エキスが配合されたものもあり、より美容効果が期待できる商品もあります。

そもそもオーガニックって何なの?

オーガニックとは、農薬や化学肥料を使わずに栽培すること(したもの)を言います。

ローヤルゼリーは働き蜂によって作られるもの。
つまり、ローヤルゼリー自体オーガニックであると考えていいでしょう。

作られるときに材料となる花粉も、蜜蜂が花から収穫してくるものです。農薬が撒かれた花に蜂は近づきませんから、ローヤルゼリーは安心・安全に食べられる食品であると言えます。

ただオーガニックを認証する機関はあり、ローヤルゼリーのオーガニックの基準も決まっています。

・巣箱から半径3kg以内に十分な蜜源、植物があること
・清潔な水源が近くにあること
・養蜂場が自然、有機的な場所に設立されていること

など…、有機認証団体“エコサート”が設けた基準・審査にクリアしたものが基本的には“オーガニック”と呼ばれるようです。

ローヤルゼリー自体が天然の食品ですが、品質が心配な人、またローヤルゼリー以外の原料が気にかかる人は“オーガニック”の表記に注目して選ぶのがおすすめです。

トップに戻る