ローヤルゼリーと肥満を予防

健康効果や美肌効果が高いとして知られているローヤルゼリー。
実は肥満予防にも効果的なんですよ。
体型維持やダイエット、生活習慣病予防を心がけている人にも注目されているんです。
ローヤルゼリーでなぜ肥満を予防できるのか、詳しい成分とその働きを見ていきましょう。

ローヤルゼリーに含まれるデセン酸の力

ローヤルゼリーには“デセン酸”という脂肪酸が含まれています。
これは他の食品には含まれない、ローヤルゼリー特有の成分です。
デセン酸によってさまざまな効果が期待できるのですが、その中でも注目したいのが“血糖値を下げる効果”と“血中のコレステロールを下げる効果”。
この2つの効果が肥満を予防し、糖尿病や動脈硬化などの病気を予防します。

肥満のメカニズムとデセン酸の働き

デセン酸の効果がどのように体に作用するのか、肥満のメカニズムと合わせてご説明していきます。

血糖値を下げる

炭水化物などに多く含まれる糖質は腸で吸収され、血液に運ばれて筋肉や内臓に届けられエネルギーとして使われます。この時の血中の糖質の量を表すのが“血糖値”です。
食事で糖質を取り過ぎると血糖値が上がり、筋肉や内臓に運びきれなくなった糖質は脂肪として体に貯め込まれます。
これが太るメカニズムです。
デセン酸の働きで血糖値が抑えられることで、脂肪が貯め込まれにくくなり、肥満を予防することができます。

コレステロールを下げる

コレステロールとは人間の体の中にある脂質の一つです。
細胞やホルモンの材料になります。
しかし、食事で脂質を取り過ぎると、血中のコレステロールが過剰に増え、血管を詰まらせてしまったり、中性脂肪を減らすための物質が減って肥満になりやすくなります。
デセン酸の働きによってコレステロールを下げることで、肥満になりにくく、動脈硬化などの病気も予防することができるのです。

ダイエット、病気予防にもローヤルゼリー

肥満を予防するためには食生活の改善や運動ももちろん大切ですが、どちらも毎日続けるとなると意外と大変なものです…。
肥満や病気を予防・改善したいという人は、まず手軽に取り入れられるローヤルゼリーを試してはいかがでしょうか。

トップに戻る