スズメバチではローヤルゼリーはできない?

蜂によって作られる健康食品と言えば“ローヤルゼリー”です。
糖分が主成分となっているハチミツよりも栄養価が高く、健康効果、美容効果に優れていることが分かっています。
このローヤルゼリーを作っているのは蜜蜂ですが、他の蜂はどうなのでしょう?
スズメバチなどの大型の蜂も、ローヤルゼリーを作ることができるのでしょうか。
スズメバチの生態とローヤルゼリーについて、詳しく調べて見ました。

スズメバチではローヤルゼリーはできない?

ローヤルゼリーは蜜蜂が花の蜜や花粉を巣に持ち帰り、それを働き蜂が食べ、体内でたんぱく質などと合成して作られます。
本来は女王蜂や女王蜂の幼虫にエサとして与えるために作られるものです。
そのローヤルゼリーが働き蜂から分泌され、王台というところに蓄えられたものを、私たち人間が採取して商品となります。

ローヤルゼリーの原料となる花の蜜や花粉を食べる蜜蜂に対して、スズメバチは肉食の蜂です。

つまり花の蜜や花粉を主食としないスズメバチには、“ローヤルゼリーを作ることができない”と言えます。
生きるためにいらないものなので、作る必要がないと言った方がいいかもしれません。

スズメバチは何を食べる?スズメバチの生態

スズメバチも蜜蜂と同じで、巣の中には女王蜂や女王蜂となる幼虫が存在します。
蜜蜂と異なる点は女王蜂も働き蜂と同じように食事をするということ。
スズメバチの成虫は女王蜂も含め、幼虫が唾液腺から分泌した栄養液をエサにします。

栄養液が不足している場合には花の蜜や樹液、幼虫を食べることもあります。
幼虫はというと、働き蜂が獲ってきたコガネムシやセミなどの昆虫をエサにします。
蜂の種類によってはカエルや蛇の死骸を食べることもあるようです。

スズメバチとローヤルゼリー

スズメバチも花の蜜などを食べないわけではありません。
従って、確認されていないだけでローヤルゼリーや、そのローヤルゼリーに代わるものが作られている可能性もあります。

ただ、花の蜜や花粉は主食としていないため、たくさんの量は採れないと考えられます。
またそれ以前にスズメバチは強い毒を持ち、蜜蜂のように養蜂することが難しいのです。
そのためスズメバチにローヤルゼリーが作れたとしても、蜜蜂のローヤルゼリーのように商品化されることはほぼないと考えられます。

トップに戻る