飲みやすいヨーグルト味の子ども用ローヤルゼリー

ビタミンやミネラル、アミノ酸など、豊富な栄養を含む“ローヤルゼリー”。
大人だけではなく、育ち盛りの子どもにもぴったりの健康食品です。
ただ、ローヤルゼリーには独特の酸味や苦みがあり飲みにくいというデメリットも…。

喜んで毎日摂取するという子どもは、おそらくいないでしょう。

そこでおすすめしたいのが子供用に作られた“ヨーグルト味のローヤルゼリー”です。
一体どんなものなのか、詳しくご紹介していきます。

ヨーグルト味の子ども用ローヤルゼリー

飲みやすいヨーグルト味

“ヨーグルト味”と言っても、ローヤルゼリーの原液に直接ヨーグルトが混ぜられているわけではありません。
ドリンクや粉末に加工される際に乳糖やヨーグルトが加えられ、ヨーグルト味となります。

ヨーグルトとローヤルゼリーの相性はとても良いんですよ。
ヨーグルト味がローヤルゼリー特有の酸味や苦みを和らげてくれます。

ですので、子供にも飲みやすく、美味しく栄養補給することができます。

飲みやすい顆粒タイプ

小さな子どもはサプリメントなどのタブレットは飲み込みにくいですよね。
子ども用に作られたローヤルゼリーは飲みやすいよう顆粒タイプに加工されたもの。
お湯や水にすぐ溶けて、飲み込みやすくなっています。

食品添加物が含まれていないので安心

メーカーにもよりますが、子供用として作られたものには添加物などに配慮したものが多いです。
アレルギー表示指定の食品添加物が含まれていないものなら、比較的安心して摂取することができます。

子ども用ローヤルゼリーの注意点

ローヤルゼリーは天然の健康食品ですから、基本的には子供が飲んでもOKです。
ただ、花粉が原料とされるハチミツは腸内に“ボツリヌス菌”を増やす可能性もあるため、乳幼児含め6歳未満の子どもは避けた方が良いとされています。
ボツリヌス菌とはハチミツなどに含まれる細菌のこと。
この菌が乳幼児の体内に増えると、“乳児ボツリヌス症”と言って、便秘や筋力の低下(脱力状態)などを引き起こします。
ローヤルゼリーはハチミツとは別物ですが、花粉を原料としていますから念のため小さな子供に与えるのは避けるか、様子を見ながら少量ずつ与えることをおすすめします。

トップに戻る