タイ産のローヤルゼリー

優れた健康食品として注目されている“ローヤルゼリー”。
実はここ日本で販売されているのはほとんどが海外で生産されたものになります。
台湾、中国といろいろな産地がありますが、その中でもローヤルゼリーづくりに適していると言われているのがタイです。
“タイ産のローヤルゼリー”には一体どんな特徴があるのか見ていきましょう!

タイ産のローヤルゼリーの特徴は?

タイがローヤルゼリーづくりに適していると言われる理由には、次のようなものが挙げられます。

一年中気候が暖かい

タイの気候は温暖気候で、一年中暖かいという特徴があります。
冬でも15℃以下にはなりません。
そのため蜂も行動しやすく、また植物も多く育つためローヤルゼリーの材料である花粉が集まりやすいのです。

養蜂場周辺の環境が良い

タイは日本と比べて、自然豊かな広い土地を確保しやすいという魅力があります。
建物や工場がない土地、農薬などの影響がない土地では、蜂にもストレスがかからず、品質も良くなります。
これらの環境が揃っていることから、タイは品質の良いローヤルゼリーが採れると言われているのです。
ローヤルゼリーの有効成分で品質の基準にもなっている“デセン酸”も、タイ産のものには多く含まれていることが分かっています。

タイ産のローヤルゼリーにデメリットはある?

タイで採れたローヤルセリーのデメリットとしては、“流通に時間がかかる”という点が挙げられます。
ローヤルゼリーは劣化しやすいもの。
そのため日本に入ってくる前に品質が低下する可能性も考えられるのです。
現在日本で販売されているタイ産の生ローヤルゼリーは、冷凍して輸入するなどの工夫がされています。
品質の良さや安全を求めるならばやはり国産が一番ですが、日本は自然環境の良い土地が確保しにくく、四季があるため大量に生産することはできません。
その結果、販売数も少なく価格も高くなっています。
なるべく手ごろな値段で、品質の良いローヤルゼリーを摂取するためには、他の産地で採れたローヤルゼリーをうまく取り入れていくのがおすすめです。
その際はぜひ、質の高いタイ産のローヤルゼリーに注目してみてくださいね。

トップに戻る