ニュージーランド産のローヤルゼリー

“ローヤルゼリー”を生活に取り入れようと考えている人は多いのではないでしょうか?
生活習慣病予防、アンチエイジング、ダイエット、うつの緩和など…
健康食品でありながら万能薬とも言えるほどの効果を持ち合わせています。
そんなローヤルゼリーの中で、最近注目されているのが“ニュージーランド産”です。
他の産地のローヤルゼリーと何が違うのか、詳しくお伝えしていきます。

ニュージーランド産のローヤルゼリー

ニュージーランドと聞いて思い浮かぶのは何でしょう?
おそらく、広大な土地や自然、そこに住む動物や生き物たちを想像する人がほとんどではないでしょうか。
実はこれが、ニュージーランド産のローヤルゼリーが注目される理由でもあるのです。

ニュージーランド産が人気の理由その1 温暖な気候

ニュージーランドも日本と同じで四季はあります。
しかし冬も気温は10~15℃ほどで、年間通して比較的暖かい気候が続く土地なのです。

そのため植物も良く育ち、ローヤルゼリーを作り出す蜂たちもストレスなく行動できます。
結果、非常に質の良いローヤルゼリーを採取することができます。

ニュージーランド産が人気の理由その2 自然環境

ニュージーランドは人類が移り住むようになってからまだ歴史の浅い孤島です。
そのため、今現在でも自然が多く残されています。

また自然・環境保護への取り組みが積極的なのもニュージーランドの特色です。
1991年からは環境保護計画が進められ、国土の1/3以上が保護区域の指定を受けています。
こういった国や人々の環境への取り組みによって、ローヤルゼリーが作られるのに適している環境が確保できるのです。

ニュージーランド産のローヤルゼリーに注目してみよう!

現在日本で販売されているローヤルゼリーのほとんどが中国産です。
中国産のものでも、環境の良い場所で採れたものや、検査をしっかり行った安全なものはもちろんあります。
ただ、品質の悪いものが販売されている可能性も十分に考えられます。

とは言え、国産となると値段も高価…。
リーズナブルに手に入るものはあまり見かけません。

どれを買おうか迷ったときには、ぜひニュージーランド産のローヤルゼリーも検討してみてくださいね。

トップに戻る