ローヤルゼリーソフトカプセルの効果

ローヤルゼリーには生活習慣病の改善や免疫力アップ、その他美容や更年期障害の緩和など、性別問わず嬉しい効果があることが分かっています。
そんなローヤルゼリーを使った商品の中で、最もポピュラーなのがサプリメントになったもの。

錠剤やカプセルなどいろいろな種類がありますが、飲みやすく特に人気がるのが“ソフトカプセル”タイプです。
ここではそんなローヤルゼリーソフトカプセルを選ぶメリットや効果をお伝えしていきます。

ローヤルゼリーソフトカプセルの効果

ローヤルゼリーをソフトカプセルに包むことで、次のようなメリット・効果が期待できます。

品質を保ちやすい

ローヤルゼリー商品の中で一番栄養価が高いのはやはり、採れてからすぐ瓶に詰められた生のローヤルゼリーです。

しかし生ローヤルゼリーには“品質が低下しやすい”というデメリットもあります。
ローヤルゼリーは空気や湿気にさらされることで栄養価が下がってしまうのです。

ソフトカプセルにすることで、ローヤルゼリーの栄養価が低下するのを防ぐことができ、長期的に効率よく栄養摂取することが可能になります。

飲みやすい

生ローヤルゼリーのデメリットには、飲みずらいという点も挙げられます。
ローヤルゼリーには独特の酸味や苦みがあり、そのまま食べるのが苦手という人も少なくありません。

ソフトカプセルであれば味や匂いも気にせず飲むことができ、さらに錠剤や普通のカプセルと違い皮膜が柔らかいため、飲みやすく続けやすい、つまり冒頭でお伝えしたような効果を得やすいというメリットが挙げられるのです。

体内で吸収されやすい

ソフトカプセルは胃で溶けるため、包まれているローヤルゼリーは腸でしっかりと吸収されます。
またソフトカプセル自体も体内に吸収されやすいという性質を持ちます。

ソフトカプセルの原料には主に豚や魚由来のゼラチン、カプセルを柔らかくするためのグリセリン、水などが使われます。
グリセリンは甘味料や保存料として食品に使われている成分です。
また動物性のゼラチンの代わりに、でんぷんや植物性抽出物を使用しているカプセルも増えてきました。
このどちらも安全性が高く体内で吸収されやすくなっています。

正しい保存方法でローヤルゼリーソフトカプセルの効果を実感!

ソフトカプセルは栄養を摂取しやすく、体内でも吸収されやすいという性質を持ちますが、水や熱に弱いというデメリットも…。
気温が高い所や湿気の多い場所で保管するとカプセル同士がくっついてしまう場合があるので注意が必要です。
また1ヵ月以上冷蔵庫で保存すると皮膜が固くなりすぎてカプセルが割れやすくなります。
ローヤルゼリーソフトカプセルの効果を長期的に、安全に得るために、なるべく湿気の少ない涼しい場所で保管するようにしましょう!

トップに戻る