ローヤルゼリーを摂取しない方がいい場合は?

私たちの身体の新陳代謝を向上させ、アンチエイジングに効果をもたらすなど、ローヤルゼリーは大活躍している成分です。
自然が生み出す成分ですので、飲んで副作用が起こることもほとんどありません。
でも、飲まないほうがいい場合もあります。
それはどんな場合でしょうか。

ローヤルゼリーは蜜蜂が作る成分で、原料に花粉が含まれます。
つまり、花粉で身体が反応する可能性がある人は、慎重に飲む必要があります。
花粉症程度ですとほとんどかゆみなどのアレルギー症状を感知しません。
しかし、花粉に触れると赤く腫れる方や重度のアレルギーの原因が花粉と特定されている方は、飲む前に医師に相談しましょう。

健康に良い成分のはずが体内を苦しめてしまう可能性を否定できないためです。
もちろん、医師の判断でOKが出れば問題なく摂取できます。
毎日の健康のためには、継続して愛用していくことがおススメです。
しかし体調不良の時は大事をとって摂取を見送ることも大切です。

プエラリアなど他の種類のサプリメントの中には、妊娠中の摂取を避けたほうがいいものもあります。
しかし、ローヤルゼリーの場合はその心配が無用です。
安心して妊娠中も摂取してください。
豊富な葉酸やアミノ酸は、胎児の健康にもよい成分です。

トップに戻る