特に女性の方に多い病気として有名なものがあります。
それは「骨粗鬆症」です。
骨がスカスカになってしまい、状態が悪化すると歩行などにも支障が及ぶ病気です。

骨粗鬆症とは、骨を作るカルシウムが無くなっていく病気で、主に中高年に方が患う病気とされています。
しかし、現代社会において食事の偏りから骨粗鬆症を招いてしまう人もいます。
さらに女性の場合は妊娠中や産後においてカルシウムを赤ちゃんへ移行したことにより、自分自身のカルシウムが不足することも懸念されています。

そこで、骨粗鬆症を防ぐサプリメントの愛用が勧められているのです。
そのサプリメントとは、「ローヤルゼリー」です。
蜜蜂が巣の存亡にかかわる女王蜂を立派に育て上げるために、高栄養素の成分として生成したものがローヤルゼリーです。

滋養強壮にこうかがあるのはもちろんですが、カルシウムも含まれており骨の増強にも効果があるとされています。
中世期のヨーロッパでは医薬品として貴重な存在だったほか、アリストテレスの残した資料にもローヤルゼリーの存在がほのめかされているほど歴史がある成分です。
女性はホルモンバランスの変動が著しくなる更年期以降、カルシウムを失いやすいとされています。
特に出産経験のある閉経が近い女性は、ローヤルゼリーを飲みましょう。