皆さんはロイヤラクチンという言葉をご存知でしょうか。
聞き慣れない言葉のように感じる方が多いかもしれません。
ロイヤラクチンとは、ローヤルゼリーに含まれる成分の名前です。

ローヤルゼリーは戦後の日本において、サプリメント界を牽引してきた成分です。
その歴史は長く、すでに50年サプリメントとして日本中で愛されてきました。
テレビで紹介されている製品も多いので、愛用している方も多いでしょう。

では、この人気のローヤルゼリーに含まれるロイヤラクチンとはどのような働きをするのでしょうか。
それには蜜蜂の生態を知ると良く理解できます。

蜜蜂の生態は人間と比べると大きく異なっています。
人間は男性と女性との間で子どもを授かることができますが、蜜蜂の場合は巣に1匹だけ存在する女王蜂しか産卵できません。
つまり、女王蜂以外の蜜蜂は働きバチとして産卵をせずに生涯を過ごすのです。
そのため働き蜂よりも女王蜂は体格も大きく、外での樹液や花粉の収穫活動も行いません。

女王蜂になるには遺伝できた要素は必要なく、ローヤルゼリーを食したものだけが女王蜂になります。
ロイヤラクチンとは、この女王蜂をローヤルゼリーへと誘引する成分です。
女王蜂の体格や寿命の長さは、このロイヤラクチンが影響しており人間にも似たような効果をもたらすとされています。